プランテルEXは頭頂部ハゲに効果がある?口コミは嘘かガチか!?

プランテルEX 頭頂部

M字ハゲに効果があると言われている育毛剤プランテルEXですが、実は「頭頂部」や「てっぺんハゲ」にも効果があるんです!

ここでは、プランテルEXを使ってみてM字ハゲ以外の頭頂部やてっぺんハゲに効果を感じた口コミや効果の根拠を徹底解剖していきます。

てっぺんハゲに悩んでいる方は記事を読めば解決します!

\ てっぺんハゲの悩みはこれで解決できました /

プランテルEXは頭頂部やてっぺんハゲにも効果がある!って口コミが多い

今までのプランテルとは配合成分が変わった薬用プランテルEXは、頭頂部やてっぺんハゲみたいなM字ハゲ以外の薄毛にも効果があると評判です。

ここでは薬用プランテルEXを使ってみて頭頂部やてっぺんハゲに効果を感じることができたという口コミを集めてみました!

3ヶ月くらいで頭頂部に産毛が生えてきました!(30代男性)

20代から頭頂部が薄くて人と話す時もいつも見られてる感じがストレスになっていやでした。

このままではだめだと思って、ネットで評判のよかったプランテルEXを試してみることにしました。

最初の1ヶ月で抜け毛が減って、3ヶ月くらいで頭頂部に産毛が生えてきました!

ストレスも減って、自分に自信がついてきました。

髪の毛にコシが出てきて地肌も透けなくなりました。(40代男性)

頭のてっぺんが気になり始めて、プランテルEXを購入しました。

低刺激なので安心して使えています。髪の毛にコシが出てきて地肌も透けなくなりました。

帽子を被らなくても外に出かけられるようになったのは嬉しいですね。

育毛剤選びで悩まれているなら、ぜひ使って欲しいです。(30代男性)

薬用プランテルがリニューアルしたということでプランテルEXを使ってみることにしました。

今まで使っていた育毛剤は全然効果がなかったのですが、プランテルEXは違います。

育毛剤選びで悩まれているなら、ぜひ試してみてほしいです。

効果を感じた口コミが多い育毛剤「プランテルEX」を購入する >>

プランテルEXが頭頂部の薄毛・てっぺんハゲ・M字ハゲに効果が期待できる根拠とは?

プランテルEX 頭頂部

ここではプランテルEXの頭頂部やM字ハゲに効果的な根拠に迫ります。

リニューアル前のプランテルはM字ハゲ専用育毛剤でした。

プランテルEXはM字ハゲ対策に特化していたプランテルをリニューアルした商品です。

プランテルEXになってからはM字に対してフォーカスされていませんが、M字ハゲに効かなくなったわけではありません。

M字ハゲよりもむしろ、頭頂部、頭皮全体への育毛効果が高くなっています。

M字ハゲ以外の薄毛や抜け毛にも効果のある商品になりました。

プランテルEXは毛母細胞の修復・血行不良の改善・AGA治療に優れた効果を発揮し、注目されている成分は以下の通りです。

  • リデンシル
  • ペブプロミンα
  • 3つの発毛促進成分(センブリエキス・グリチルリチン酸ジカリウム・ジフェンヒドラミン塩酸塩)

リデンシルは、DHQGEGCG2グリシン亜鉛、という4つの成分構成から作られており、近年とても注目されている育毛成分の1つです。

リデンシルにはAGA(男性型脱毛症)の原因になる酵素5αリダクターゼを直接的に抑える効果はありません。

MEMO
臨床データによって認められたのは、毛髪密度・炎症予防・細胞の活性化・ヘアサイクル正常化の4項目です。

リデンシルは髪の幹細胞の働きを活性化させる効果が期待できます。

幹細胞と薄毛になんの関係があるの?っていう感じですが、リデンシルの構造を調べると幹細胞の活性化にかなり効果があることが分かります。

プランテルEX 毛母細胞

薄毛の原因として髪の毛の土台になる細胞の「毛母細胞」が死んでしまうことが考えられます。

リデンシルの働きで毛母細胞が修復され、髪の毛が生き返るというメカニズムになっているわけです。

いままでの育毛剤は毛母細胞を守るものが一般的でしたが、新しく修復するという発想のものはありませんでした。

しかし世界最大規模の化粧品原料展示会「インコスメティック」で、2014年に銀賞を受賞し、業界からも注目を集めた新しい成分「リデンシル」は、新しい細胞を増やす作用があるため発毛効果が期待できるのです。

リデンシルの育毛効果はなんと、医薬成分であるミノキシジルの2倍という臨床データも開発メーカーから発表されています。

育毛業界が注目するリデンシルが、配合されている育毛剤自体がまだそう多くはないのです。そんな中で、プランテルEXは、リデンシルがただ配合されているだけでなく、配合量も5%と高い配合率なのです!

リデンシル配合の他社の育毛剤と比較しても配合量が多いという点で、高く評価されています。

MEMO
  • 幹細胞(かんさいぼう)とは

    分裂して自分と同じ細胞を作る能力と、別の種類の細胞に分化する能力を持ち、際限なく増殖できる細胞

  • 毛母細胞

    毛乳頭周辺の細胞組織のこと。毛乳頭から栄養素や酸素を受けとり、細胞分裂することで髪の毛をつくりだす。

  • 毛乳頭

    毛根の先の膨らんだ部分である毛球の先が、内側に凹んだ部分にある組織のこと。

また、リデンシルに含まれているグリシンはタンパク質合成物質の一つです。

髪の毛はタンパク質を元に合成されるため、グリシンにより健康な髪の毛の成長を促進します。

他にも、リデンシルに含まれる亜鉛はタンパク質の合成を促進する物質として有名ですね。

亜鉛は肌荒れ防止にも効果的といわれますが、亜鉛はコラーゲンなどのタンパク質の合成を促して肌が潤うからです。

髪の毛にも同じように良い効果を発揮してくれるのです。

プランテルEXにはペブプロミンαという独自の5αリダクターゼ抑制する効果のある特許出願成分が配合されています。

リデンシルに5αリダクターゼ抑制効果がない分、うまくバランスがとられていますね。

独自の成分のためリデンシルのように明確な臨床データは未公表ですが、プランテルEXの公式サイトには日本食品機能分析研究会によるデータが公表されています。

プランテルEXの公式サイトで公表されているデータによると5αリダクターゼの分泌を止める効果はミノキシジルをはじめとするミノキシ系の約3倍です。

頭頂部の薄毛にプランテルEXが効果があると言われるのはペブプロミンαの役割が非常に大きいのです。

その効果には美容皮膚科医を務める医学博士も注目しています。

リデンシルに配合されている3つの発毛促進成分、センブリエキス・グリチルリチン酸ジカリウム・ジフェンヒドラミンにも効果が期待できます。

センブリエキスは血行不良を改善、発毛を促進し、細胞を活性化する働きがあります。

グリチルリチン酸ジカリウムとジフェンヒドラミン塩酸塩の働きはかゆみを抑えたり頭皮の炎症を抑えることです。

このうち、センブリエキスは昭和61~62年に行われた臨床試験によって副作用なく効果を発揮することが判明しています。

臨床試験で効果が認められたリデンシル(DHQGとEGCG2)と同様の働きがあるとされ、リデンシルの働きを補助する効果が期待できるのではないでしょうか。

リデンシルを構成する成分と作用
  • DHQG

    幹細胞に働きかけ、髪の毛を作る「毛母細胞」を増やす

  • EGCG2

    抗菌作用がある

  • グリシン

    アミノ酸の一種で、美肌効果が期待されている

  • 亜鉛

    髪の毛の生成を助ける働きがある

リデンシルは髪の毛の幹細胞に働きかけ、髪の毛の成長に関わる毛母細胞を活性化し、毛母細胞を活性化させることで、髪が成長しやすい頭皮環境を維持することができます。

まとめると、プランテルEXが特に頭頂部に効果的な理由としてはこの項目で紹介した主成分(リデンシル、ペブプロミンα、3つの発毛促進成分)が大きく関わっていることがわかります。

プランテルEXの育毛成分「ペブプロミンα」を構成する3つの要素
  • ヒオウギエキス

    ヒアルロン酸やコラーゲンの作用を促進して肌を保湿する

  • ビワ葉エキス

    還元酵素「5αリダクターゼ」の阻害を補助する

  • ボタンエキス

    脱毛因子「TGF-β」をブロック

ペブプロミンαは、還元酵素「5αリダクターゼ」の阻害を補助し、AGAの原因となる悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」の生成を防ぐ効果がある。

MEMO
脱毛因子TGFは、Transforming growth factorの略称で、トランスフォーミング増殖因子と呼ばれており、TGF-βは、トランスフォーミング増殖因子ベータと呼ばれています。

TGF-βは、毛乳頭や毛母細胞の活動を抑制する因子として知られており、その作用が高まると髪の毛は成長期から退行期に移行するということが分かっています。

参考:トランスフォーミング増殖因子|ウィキペディア

プランテルEXはAGA専用育毛剤

リニューアルする前のプランテルはM字対策に特化した育毛剤でした。一方、リニューアル後のプランテルEXは成分を追加改善しました。

臨床試験によるデータが出され、効果があると認められた成分も配合されています。それ以外の成分にも効果が期待でき、さらに高い効果が期待できます。

M字ハゲだけでなく、頭頂部の薄毛の原因となるAGAにも効果が期待できる育毛剤です。

プランテルEXには頭皮環境改善成分や血行促進成分が配合されている

プランテルEXには、頭皮環境の改善をしたり、血行を促進する成分セファランチンやグリチルリチン酸ジカリウム、センブリエキスなどが配合されています。

それに加えて遺伝の薄毛の原因である、悪玉男性ホルモンを生成する還元酵素の5αリダクターゼを抑制する効果があるペププロビンαも配合されています。

頭頂部やてっぺんハゲの原因は○○だった!

頭頂部 はげ

頭頂部やてっぺんハゲの原因は、遺伝や食生活の偏り、運動不足、喫煙、頭皮環境の悪化による頭皮の炎症などが主で、M字ハゲのタイプととてもよく似ています。しかしM字ハゲとの一番大きな違いは血行不良なのです。

M字の薄毛は遺伝的要素が強いのに対し、頭頂部やてっぺんがハゲる理由は血行不良が強いのです。

頭頂部の薄毛の原因を詳しく調べると・・・

男性の場合、

  1. ストレスや生活習慣の乱れ
  2. AGA(男性型脱毛症)による影響

の2つが大きな原因です。

頭頂部の薄毛の原因1:ストレスや生活習慣の乱れ

プランテルEX ストレス

ストレスや生活習慣の乱れは、頭頂部の薄毛の原因になります。

ストレス社会といわれる現代社会の中で生活する限り、ストレスが溜まりやすい環境から逃れることはできないでしょう。

ストレスにより髪の幹細胞の働きが衰えて、髪の毛の土台になる細胞である「毛母細胞」が死滅してしまいますし、ストレスにより体の血管が収縮し血流が悪くなってしまいます。

そうなると、髪の毛に必要な栄養を頭皮まで行き渡らせることができなくなり、頭頂部の薄毛などに繋がるのです。

また、生活習慣の乱れも大きく関係していると言われています。

生活習慣の乱れとは、睡眠不足・不規則な生活・食生活の乱れなどです。生活習慣の乱れによって、自律神経が乱れてホルモンバランスを崩してしまいます。

頭頂部の薄毛の原因2:AGA(男性型脱毛症)による影響

男性の頭頂部の薄毛の原因は、AGAによる影響が大きいといえるでしょう。

AGA(男性型脱毛症)が発症する原因は、男性ホルモンであるテストステロンと酵素5αリダクターゼにより、 ジヒドロテストステロンという物質を生み出すことです。

このジヒドロテストステロンが、髪の毛の成長を止めてしまい結果的に薄毛になってしまうのです。

頭頂部の薄毛の対策に必要な要因とは

頭頂部の薄毛対策には、

  1. 髪の毛の土台になる細胞「毛母細胞」の死滅を抑える
  2. 血行不良を改善する
  3. AGA治療用の育毛剤を使用する

の3つが必要だと考えられます。

髪の毛の土台になる細胞「毛母細胞」の死滅を抑える

頭頂部の薄毛の原因として、ストレスになどが原因で髪の幹細胞の働きが鈍り、髪の毛の土台となる「毛母細胞」が全滅してしまうことがあります。

髪の幹細胞の働きを活性化させ、毛母細胞を復活させる必要があります。

血行不良を改善する

頭頂部の薄毛は、頭皮の血行不良が原因で髪の毛に必要な栄養を行き渡らせることができなくなることによって起こります。

これを解消するには頭皮の血行不良の改善が必要になってきます。

AGA治療用の育毛剤を使用する

男性の頭頂部の薄毛は、主に男性ホルモンが大きく影響するAGA(男性型脱毛症)が原因となって起こります。

AGAを原因とする薄毛を改善するためには、AGA治療をする必要があります。

AGAの原因である、5αリダクターゼの働きを抑制する育毛剤の使用を続けることで、頭頂部の薄毛を改善させる育毛効果が期待できます。

頭頂部の薄毛に効果が期待できるAGA治療用の育毛剤とは >>

頭頂部の薄毛とM字ハゲ(生え際)をAGAの観点から調べてみた!

頭頂部の薄毛とM字薄毛は、原因のほとんどがAGA(男性型脱毛症)であることが多いです。

AGAが発生する最も大きな原因は、男性ホルモンにあります。

男性ホルモンの一種である「テストステロン」は、「5αリダクターゼ」という物質と結合し、「ジヒドロテストステロン(DHT)」という物質に変化します。

プランテルEX ヘアサイクル

このジヒドロテストステロン(DHT)は、髪の毛が持つヘアサイクルの中でも「成長期」の期間を短くしてしまい、脱毛を促進するジヒドロテストステロンが高濃度になるほど、ヘアサイクルが乱れやすくなります。

ジヒドロテストステロンは髪の毛の細胞にある物質に作用することで、ヘアサイクルを乱し、髪の毛の発育を妨げるのです。

通常は約4年かけて成長して抜けていくはずの髪の毛が、AGAになってしまうとわずか3か月程度で抜け落ちてしまうことになります。

ジヒドロテストステロンが引き起こすヘアサイクルの乱れが、髪の成長を止め、薄毛・薄毛に繋がるというのが、AGAなのです。

MEMO
ヘアサイクルとは?

「毛周期(ヘアサイクル)」は、約1,000〜2,000日の周期で起きる、髪の毛が生えて成長する循環のこと。

発毛してから約2〜4年程度かけて「成長期」、約1ヶ月の「退行期」、その後5ヶ月の「休止期」という3つの時期を繰り返す。

参考:AGAニュース

ポイント
AGA(男性型脱毛症)とは、脱毛を促す悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」が原因で起こる脱毛症。ジヒドロテストステロンによって、ヘアサイクルが短期化され、薄毛が進んでしまう。

参考:AGA(エージーエー)とは|AGAニュース

プランテルEXは頭頂部ハゲに効果がある?口コミは嘘かガチか!?まとめ

プランテルEXが特に頭頂部に効果的な理由とは、なんといっても新たに配合された革新的育毛成分「リデンシル」にあります!

スイスの原料メーカーによって開発され、次世代ヘアケア成分として注目されている「リデンシル」、製薬会社との共同開発により配合された特許出願成分「ペブプロミンα」などの新成分が配合されています。

また、3つの有効成分も配合されていて、まさに成分にこだわった育毛剤といえるでしょう。

これらの革新的育毛成分が、頭頂部はげ対策として

  • 毛母細胞の修復
  • 毛母細胞の修復
  • 血行不良の改善

に優れた働きをもたらしてくれます。

プランテルEXは頭頂部の薄毛に悩んでいる方が、まず最初に検討するべき育毛剤だということが言えるでしょう。


高濃度リデンシル配合!育毛剤【プランテルEX】
プランテルEX
薬用プランテルEXは、話題の『リデンシル』がなんと5%(業界最高クラス!)も高濃度配合された育毛剤です。製薬会社×毛髪診断士×スカルプケアサロン×育毛剤メーカーなど髪のプロフェッショナルの共同開発により、成分バランスが抜群で現在品薄状態になるほどの大人気育毛剤です。当サイトでも口コミ人気、売れ筋No.1のイチオシ育毛剤です!

公式サイトを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です